top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

購買力の低下とインフレの実態 / Decline in Purchasing Power and Inflation:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

インフレが私たちの日常生活に与える影響は非常に大きいです。


2021年以降、多くの主要品目の価格が急上昇し、米ドルの購買力も大幅に低下しています(Decline in Purchasing Power and Inflation)。


「上昇率トップ10」

品目

価格上昇率

49.3%

ガソリン

47.8%

航空運賃

32.7%

電気

29.3%

天然ガス

26.9%

鶏肉

23.9%

公共交通機関

22.2%

中古車

20.9%

牛乳

15.0%

衣類

13.5%

「企業の検討点」

Q1: コスト管理の重要性:インフレにより原材料や運営費用が増加しているため、効率的なコスト管理が必要です。


Q2: 価格戦略の見直し:価格上昇が続く中で、適切な価格設定を行い、顧客への影響を最小限に抑える戦略が求められます。


Q3: サプライチェーンの強化:供給不足や価格変動に対応するため、サプライチェーンの強化と多様化が重要です。


Q4: 従業員の給与調整:物価上昇に対応するため、従業員の給与見直しや福利厚生の改善が必要です。


Q5: 顧客コミュニケーションの強化:価格上昇の理由を顧客に理解してもらうため、透明性のあるコミュニケーションを行います。



Comments


bottom of page