top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

コロナ救済の重い代償:詐欺と悪用による2000億ドルの損失:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. SBAはパンデミック中に小規模ビジネスを支援する取り組みで2000億ドル以上を失った

  2. この損失は、PPPやEIDLのようなプログラムの実施中に詐欺師が容易にアクセスできるようになったことが一因

  3. 資金が「ふさわしい、資格のあるアメリカの小規模ビジネスオーナー」から横流しにされた

  4. 5月時点で、Covid-19のPPPとEIDL詐欺に関連して1,011件の起訴、803件の逮捕、529件の有罪判決があった

  5. SBAが支払った1.2兆ドルの17%が詐欺を含め悪用された

  6. SBAの監察総監は、緩んだ内部管理が詐欺リスクを増加させる可能性があると警告していた

  7. 連邦政府がこれまでにCovid救済援助として全ての連邦プログラムで4.2兆ドルを支払った

  8. その中で、詐欺師が2800億ドル以上が被害金となっていると予測されている

  9. パンデミックの初期に速度を優先する選択が行われ、それが問題を引き起こした


Comments


bottom of page