• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

コロナウイルスワクチン接種の金額

ファイザー社とバイオンテック社の共同開発されたワクチンが承認され、モデルナ社も承認間近である。

既に各地域に割り当てられたワクチンが出荷され始め、また医療従事者が接種を開始した。

今後ワクチン接種をする際には、果たしていくらかかるのだろうか。


少なくとも2020年、2021年にワクチンを接種する場合には、費用の多くを連邦政府が負担しておりお金を支払う必要は無く、Centers for Medicare and Medicaid Servicesは全ての米人が無料でワクチンにアクセス出来る措置を講じている。


しかし医療機関によっては注射、投与代という名目で費用を請求すること場合も考えられる。


ワクチン接種が無料であるのと同様に、政府機関は、請求されたコロナ関連の治療薬の払い戻しが出来るように計画を発表している。


もしコロナ治療関連で請求書が送付された場合には、まずは加入している保険会社に通知をすることが必要となる。


同時に、保険に加入をしていない場合でも、コロナ関連の費用は支払い免除がされるようなプログラムも提供されている。


ワクチンは以下の順番で配布・提供されることが決定している。


1. 米国政府高官


2. 医療従事者、介護施設職員、入所者


3. エッセンシャルに分類されている労働者


4. 基礎疾患のある人


5. 高齢者


6. 上記以外


各州では、どのグループが優先的に予防接種を受けることができるか、独自の優先順位を設けている可能性があり、また各分類の中の優先順位等の詳細がまだ決定していない場合も多い。

最新記事

すべて表示

昇給