• HR Linqs, Inc.

CDCから自己隔離のガイドライン改定の発表

Centers for Diseases Control (CDC: 疾病管理予防センター)は2日、推奨する自己隔離のガイドラインの短縮を発表した。

CDCではCOVID-19の感染が疑わしい場合、どんな場合でも14日間の自己隔離を推奨している。


今回の発表でも引き続き14日間の自己隔離を推奨しているものの、新たに2通りの代替案が発表された。


◦ 無症状の状態場合、10日間の自己隔離

◦ 無症状の状態かつテスト結果が陰性の場合は7日間の自己隔離(テストは自己隔離の最後の48時間以内に行うこと)


条件を満たした場合には自己隔離期間を14日より短縮することが可能となる。


CDCでは引き続き感染者と濃厚接触後14日間は自分の症状を監視するべきと伝えている。


またこの発表はCDCからの推奨であり、各行政やそれらの関連機関は独自の推奨時期を設定することが可能である。


期間短縮は米国での今までの調査結果や公衆衛生局からの情報を元に決定されたようである。

© 2020 by HR Linqs, Inc.