• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

CA州で次にワクチンが承認されるグループ

未だに供給が追い付いていないカリフォルニア州のワクチン接種であるが、医療従事者・65歳以上に次いて承認されるグループについての話し合いが継続されているようである。

特に重要なポイントして挙げられたのは、障害や疾患を持っている住民への優先度を上げること、そしてどのようにワクチンを届けるかという運送の問題のようである。


現在提案されている次のグループは、16歳から64歳までの障害や疾患を持っている人ということである。


しかしワクチンの不足という根本の問題が解決しない限り、次のグループにワクチンが行き渡る時期を予測することは難しい。


またエッセンシャル業務の従事者や学校の先生は、現在の医療従事者のワクチン接種が終わり次第、優先的に承認される予定であるが、現在提案されている16歳から64歳までの障害や疾患を持っている人も同等に優先されるかも含め、詳細はまだ発表されていない。

最新記事

すべて表示

© 2020 by HR Linqs, Inc.