• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

検査キットは保険会社でカバー

バイデン政権により、今週土曜日15日から民間での保険やグループ保険に対して、COVID-19の検査キットの購入費の負担が義務付けられることになった。

オミクロン株の感染拡大が収まらない中、米国民が無料で検査を受けられる機会を増やすことを目的としている。


これにより、1か月一人8回まで、FDAで承認をされている市販の家庭用COVID-19検査キットの費用が保険でカバーされることになる。


なお、基礎疾患のためにより頻繁に検査が必要な人や、医療従事者が指示した場合については保険でカバーされる検査回数に制限はない。


家庭用検査キットが不足しているという記事を記載したばかりであり、購入が可能かという問題はあるが、国全体として、出来るだけ多くの検査キットを提供出来よう取り組みを行っていることがわかる。


また、バイデン政権ではキットが自己負担なく入手出来るよう、保険会社に対して薬局や小売店からなるネットワークを全国に設置することを推奨している。

最新記事

すべて表示