top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

2025年度のH1Bビザ対象者が選出 / Beneficiaries for H-1B Visa FY 2025 Selected:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

2025年度のH-1Bビザ抽選プロセスが完了し、選ばれた応募者への通知が間もなく開始されます。


USCISは申請料の大幅な増加を発表し、新たな提出システム「ロックボックス」の導入を行います。


これらの変更は、米国で活躍を目指す外国人専門家と、彼らを雇用する企業にとって重要な意味を持ち、申請戦略の見直しを迫られています。


さらに、USCISはオンラインでの申請管理を強化する「MyUSCIS」アカウントを提供し、プロセスの透明性と効率性を高めています。


「主要な点」

  1. H-1Bビザ抽選の完了と通知: USCISは2025年度のH-1Bビザ抽選を完了し、選ばれた応募者にはmyUSCISアカウントを通じて通知が送られます。このステップは、ビザプロセスの進行において重要なマイルストーンです。

  2. 申請料の増加: 2024年4月1日からH-1Bビザの申請料が70%増加します。この増加は、申請者および雇用企業のコスト計算に影響を及ぼします。

  3. ロックボックスシステムの導入: 新しい提出システムとしてロックボックスが導入され、これによりすべての紙ベースのH-1B申請書類は特定のロックボックスに送られる必要があります。この変更は、提出プロセスの効率化を目指しています。

  4. MyUSCISアカウントの活用: USCISはMyUSCISアカウントを通じて、H-1B申請の管理と追跡を容易にします。申請者とその法律顧問は、このアカウントを利用して申請情報を共有し、進捗をチェックできます。

  5. 申請数の推移: 今年のH-1Bビザの申請数は、昨年と比較して減少する見込みです。これは、USCISによる詐欺対策の強化が一因とされています。

  6. 技術的問題による申請期限の延長: USCISはウェブサイトの技術的問題に対処するため、H-1Bビザの申請期限を3日間延長しました。この延長は、追加の申請機会を提供しました。

  7. インド人技術専門家のビザ獲得: インドの技術専門家は、H-1Bビザの主要な受益者グループであり、昨年は承認されたビザの大多数を占めました。

  8. 重複登録の問題への対応: USCISは重複登録の問題を特定し、これを減少させるための措置を講じています。

  9. 選択プロセスの公平性: H-1Bビザの選択プロセスはランダムな抽選によって行われ、すべての応募者に平等な機会が与えられています。


「企業の検討点」

  1. 申請料の増加への対策: 企業は増加したH-1Bビザ申請料に対して予算計画を見直す必要があります。

  2. 新しい申請プロセスへの適応: 企業はロックボックスシステムへの申請書類の提出など、新しい申請プロセスに迅速に適応する必要があります。

  3. MyUSCISアカウントの活用: 企業はMyUSCISアカウントを活用して、申請プロセスの効率化と透明性の向上を図るべきです。

  4. 詐欺対策への対応: USCISの詐欺対策の強化に伴い、企業は申請プロセスにおける正確性と透明性を確保する必要があります。

  5. 国際人材獲得戦略の見直し: H-1Bビザの変更は、企業の国際人材獲得戦略に影響を与えるため、戦略の見直しと適応が求められます。


「Q&A」

Q1: H-1Bビザの申請料が増加する理由は何ですか?A1: USCISは運営コストの増加に対応し、サービスの質を向上させるために申請料を増加させました。


Q2: 新しいロックボックスシステムとは何ですか?A2: ロックボックスシステムは、H-1Bビザの申請書類を特定の場所に郵送する新しいプロセスで、申請の効率化を目指しています。


Q3: MyUSCISアカウントの利点は何ですか?A3: MyUSCISアカウントを利用することで、申請者と法律顧問が情報を共有しやすくなり、申請プロセスの追跡と管理が容易になります。


Q4: H-1Bビザの申請件数が減少している理由は何ですか?A4: USCISは詐欺対策の強化により、重複や不正申請を減少させることを目指しており、その結果、申請件数が減少しています。


Q5: H-1Bビザの選択プロセスの公平性をどのように保証していますか?A5: USCISはランダムな抽選システムを使用しており、これによりすべての申請者に公平なチャンスが与えられています。




Comments


bottom of page