• HR Linqs, Inc.

EPSL

COVIF-19に関連して制定されたFamilies First Coronavirus Response Act (FFCRA)にて提供が義務付けられている、Emergency Paid Sick Leave(EPSL)。

EPSLにて定められた使用条件を満たす場合、会社のポリシーに基づいて付与されたPaid Sick Leaveより先に使用をすることが可能である。


従業員が使用したEPSLに対して会社は税制優遇措置(タックス・クレジット)を受けられるため、使途や使用時間等を書面で記録しておくことが望ましい。


具体的には、EPSLの使用リクエスト時に、使用目的、自己隔離を指示した医師や医療機関の情報、使用時間等を書面で提出を依頼し、会社が同書類を保管をしておくことが考えられる。

© 2020 by HR Linqs, Inc.