• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

600ドルは12月28日から支給開始

昨晩同意がされた救済パッケージには600ドルのチェックの配布が含まれている。

この600ドルのチェックが12月28日の月曜日から配布がされる予定である。


2.2兆ドルの救済パッケージであったCARES法時には1,200ドル、17歳以下には500ドルが各家庭に給付されて、総額は約1.6億ドルが配布された。


今回の給付金は年齢に関係無く一律600ドルとなり、4人家族の場合には2,400ドルが配布されることとなる。


CARES法同様、収入によって給付される金額が異なり、独身の場合は年間収入7.5万ドル以上、または年間世帯収入(共同申告の場合)が15万ドル以上から段階的に支給額が減額されることとなる。


CARES法では、独身の場合は年間収入9.9万ドル以上、扶養家族が1人の場合は13.65万ドル、扶養家族がいない世帯の場合19.8万ドル以上で給付金の配布が0ドルとなった。

最新記事

すべて表示

© HR Linqs, Inc. All Rights Reserved