• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

インフレのコストは5,200ドル

インフレ率が高い米国。

ガソリン代含めて、あらゆる物の値段が高騰している。


このインフレによって、米国の平均的な家庭の支出は前年と比較して5,200ドルほど増えるという調査結果がある。つまり、毎月433ドルが余計に掛かる計算である。


1982年以降でインフレ率が最も高い年となっており、特にガソリンとエネルギーに掛かる費用が2,200ドルを占めている。


今後労働市場に戻る人が増加することも予想されているため、現在の人手不足が緩和されると共に、賃金の伸びも鈍化することが見込まれる。


企業にとってはインフレ率、人手不足による給与含めた報酬の決定等、例年でも頭が痛い悩みがさらに難しい問題となっている状況である。

最新記事

すべて表示