top of page
  • 榊原 将/HR Linqs, Inc.

最低賃金は15ドルを目指す

最低賃金は15ドルを目指している。

2022年現在、州単位で15ドルの最低賃金を設定しているのはカリフォルニア州とニューヨーク州である(企業規模や場所によって例外有)。


2023年1月にマサチューセッツ州とワシントン州でも最低賃金が上昇して15ドルになることが決定している。


また2023年には27州、59都市(計86の管轄区域)で最低賃金が上昇する予定となっている。


賃金上昇は基本的には毎年1月、または7月に改定される場合がほとんどである。


イリノイ州、デラウェア州、ネブラスカ州、バージニア州等々では、2025年・2026年に最低賃金を15ドルまで上昇させるスケジュールが発表されている。


連邦での最低賃金は7.25ドルのままであるが、各州や各都市が独自に15ドルを目指す形で最低賃金を見直すケースは今後も増えるのではないだろうか。

最新記事

すべて表示
bottom of page