• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

ワクチン接種義務化と訴訟

訴訟が起きるだろうという大方の予想通り、バイデン政権が打ち出した100名以上の企業のワクチン接種義務化に対しての訴訟が活発化している。

11月11日現時点で中止を求めて提訴をしているのは、以下の10州となっている。

  1. ミズーリ州

  2. ネブラスカ州

  3. アーカンソー州

  4. カンザス州

  5. アイオワ州

  6. ワイオミング州

  7. アラスカ州

  8. サウスダコタ州

  9. ノースダコタ州

  10. ニューハンプシャー州

しかしながら今回の訴訟内容は全ての企業への中止を求めているものではなく、公衆衛生機関や医療現場で業務を行っている労働者に対してのものである。


人手不足が深刻な中、医療従事者不足が与える影響を十分に考慮していない点に対して訴訟が起きている。


同法案は現在一時停止となっているものの、動向を追い、また対象となる企業は法案が可決した際に備えて準備をしておくことが望ましい。

最新記事

すべて表示