• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

失業保険申請者数

U.S. Department of Labor(米国労働局)によって、毎週木曜日に発表される週間での失業保険申請者数。

昨年から今年前半にはCOVID-19の影響で多くの失業者がいたことから、動向を追っていた方も多かったのではないだろうか。


この数か月間は非常に落ち着いており、毎週COVID-19開始以降の最低水準を更新していた時期もあった。


さて最新の調査結果はどうなったのかという点を確認してみたい。


11月4日の発表によると:


10月24日から10月30日の1週間での失業保険の申請者数は、予想27.5万人に対して、結果26.9万人(前週28.3万人)となっている。


また同時に発表された失業保険の継続受給者(2週間以上連続)は、予想211万人に対して、結果210万人(前週223万人)となっている。


どちらの数値も改善されており、9月後半に増加傾向にあった申請者数や受給者数もこの1か月間は減少傾向にある。


まだCOVID-19以前の水準とまでにはなっていないが、着実にCOVID-19以前の状態に近づいてきている。