• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

マイナー(18歳未満)の雇用 

労働力不足の米国の雇用マーケット。

特に娯楽や飲食、観光業界等の比較的、若年層、特に未成年が働きやすい業界での需要が高まっているという。


米国の10代の失業率は1953年以来の低水準、就業中の人数は2008年以来の高水準である。


労働力不足解消のために策を講じている企業が多く、業界によっては未成年もターゲットとしている状況である。


どうにかして雇用を確保したい企業が、高賃金で採用を行っている背景もあり、未成年にとっては稼ぎ時な現状。


2021年は未成年にとってもより良い給与額で仕事を選択出来る年になりそうである。


ただし未成年を雇用するために必要な申請やプロセスが各州で異なるため、雇用開始前に手続き等を確認をすることを推奨する。

最新記事

すべて表示