• HR Linqs, Inc.

PPPの免除額

5月28日Paycheck Protection Program Flexibility Actと呼ばれ、PPPでの免除額の規制緩和を目的とした法案が下院議会にて承認された。

主な変更点は以下となる:

1. 現:融資額の75%を給与、25%をその他(家賃、モーゲージ等)

新:融資額の60%を給与、40%をその他(家賃、モーゲージ等)

2. 現:融資額の使用期間、融資額の入金から8週間

新:融資額の使用期間、融資額の入金から24週間

3. 現:レイオフをした従業員の再雇用は6月末まで

新:レイオフをした従業員の再雇用は12月末まで

4. 現:返済免除申請後(免除にならなかった金額)のローン返済期間は2年間

新:返済免除申請後(免除にならなかった金額)のローン返済期間は5年間

現時点では下院議会のみで承認をされているが、変更される可能性は高いとみられている。

© 2020 by HR Linqs, Inc.