• HR Linqs, Inc.

PPPの免除額

Paycheck Protection Program (PPP)の免除額はどの様に決まるのか。

PPPでのローンは免除がされる為には貸付金を、8週間に渡って条件に沿った形で使用をする必要がある(75%以上を人件費等)。


そして全額免除の対象となる為には、既存の従業員数を保つ事が必要であるが、止む無くレイオフや減給(25%以上)をした場合には免除金が減る事になる。


①2019年2月15日から2019年6月30日までのフルタイム(FTE)相当の従業員数

②2020年1月1日から2月29日までのフルタイム(FTE)相当の従業員数


上記の①または②を分母として選択をして、融資後から8週間の従業員数を分子とした分が減額される金額で、残りの金額を2年の期間で1%の利息で返済をする義務が出てくる。


また25%以上の減給(100K以下の給与対象)を行った際にも免除額が減る。


上記の解釈自体異なっているかもしれない為、きちんと銀行と相談をする事をお勧めする。

© 2020 by HR Linqs, Inc.