• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

パンデミック失業保険

昨年COVID-19関連で解雇やレイオフにあった従業員への対応として設立された、Pandemic Unemployment Assistant(PUA:パンデミック失業保険)。

カリフォルニア州ではこのPUAに申請をしていた失業者のうち、約10万人ほどが失業保険の給付を拒否された。


連邦政府が新たな基準を設けたことで、以下の理由を満たしている場合には失業保険の給付資格が付与されることとなる。

  • COVID-19の安全基準に違反した雇用主のもとで働くことを拒否した元従業員

  • COVID-19が原因で解雇されたり、勤務時間が短縮された(元)従業員

  • COVID-19の影響で勤務時間が変更になった学校関係者

11月19日よりEmployment Development Department(EDD)が対象者にメールとテキストメッセージで通知を行うようである。


最新記事

すべて表示