• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

NY州もCOVID-19の制限解除

カリフォルニア州で経済がフル再開された昨日、ニューヨークのクオモ州知事も州全土でCOVID-19関連の制限を無くすという発表を行った。

クオモ州知事が掲げていた指標は、ニューヨーク州の住民の70%以上が1回でもワクチン接種を完了した際にCOVID-19の制限を解除するというものであった。


クオモ州知事は”Remember June 15th. Remember today, because it is the day that New York rose again(6月15日を忘れないでください。なぜなら、ニューヨークが再び立ち上がった日なのだから)”と、演説を行った。


ただし、全てのCOVID-19関連の制限が解除されたのでは無く、公共交通機関ではマスクの着用が義務付けられており、各郡や各都市、各企業では独自の規制を行うことが可能である。


ニューヨーク州も基本的にはカリフォルニア州同様、Centers for Disease Control and Prevention(CDC: 米国疾病予防管理センター)のガイドラインに従うとのことである。


以下、ニューヨーク州のワクチン接種率である(16歳以上で1回以上接種):


◦ Long Island:75.3%

◦ Cap Region: 74.4%

◦ Mid-Hudson: 71.9%

◦ Central NY: 70.5%

◦ Western NY: 69.5%

◦ Finger Lakes: 69.5%

◦ NYC: 68.4%

◦ Southern Tier: 68.4%

◦ North Country: 63.9%

◦ Mohawk Valley: 60.6%


最新記事

すべて表示