• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

NY市ではレストランやバーの営業の緩和化

多くの州で営業制限が緩和している中で、ニューヨーク市でもレストランやバーの営業が緩和されることが発表された。

この様な規制緩和を行う上で重要なのは、以下の2点である。

  • COVID-19の感染者数の減少

  • ワクチン接種率の増加

まずは来週月曜日の5月3日からバーでの店内での着席が可能となり、現状が継続するという予想のもと屋外飲食の規制は5月17日、店内飲食の制限は5月31日以降に緩和される予定である。


同時にジムやフィットネスセンターの制限を33%から50%に、カジノや屋内娯楽施設の制限を25%から50%に、オフィスの制限を50%から75%にすることも発表されている。

最新記事

すべて表示