top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ライドシェア大手Lyft社が運転手に70%の運賃シェアを補償 / Lyft Guarantees 70% Fare Share to Drivers:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

リフト社が運転手の報酬構造を大幅に見直し、運転手が乗客からの支払い額の70%以上(Lyft Guarantees 70% Lyft Guarantees 70% Fare Shareを受け取ることを保証する新しい施策を発表しました。


これにより、運転手はより自由に乗客を選択できるようになり、スケジュールされた乗車での収入増加や電気自動車の使用促進など、多岐にわたるメリットが提供されます。


この動きは、ギグワーカーの権利強化と労働環境の改善を目指す業界全体のトレンドに沿ったものであり、持続可能な運輸の未来への一歩を示しています。


「主要な点」

  1. "運転手報酬の新基準": リフトは運転手が乗客の支払額の70%を保証する新しい報酬体系を導入しました。この変更は、運転手の経済的安定を確保し、より公平な報酬分配を目指すものです。

  2. "自主選択の自由": 運転手はこれから、より高い自主性を持って乗客を選び、スケジュールされた乗車で追加の報酬を獲得する機会があります。これにより、運転手のモチベーションと効率が向上します。

  3. "電気自動車のインセンティブ": 電気自動車を使用する運転手には、新たなインセンティブが用意されており、環境保護とコスト削減の両面で利益をもたらします。

  4. "業界標準の模索": 最近のWTWの報告によると、多国籍企業にとってのグローバルな福利厚生の標準化は、良好なブランド戦略であるとされています。リフトのこの動きは、業界内での競争力を高めるものです。

  5. "運転手からのフィードバックに基づく改善": この新しい福利厚生の更新は、運転手からの直接の要望に基づいており、過去の改善(例えば、乗車前の収益透明性の向上)に続くものです。

  6. "独立請負業者の分類見直し": 米国労働省は、公正労働基準法の分類規定の解釈を見直すための協議を長らく続けており、この新規則により、UberやLyftが運転手を独立請負業者として分類し続けることが難しくなる可能性があります。

  7. "新規則の施行": この新しい規則は3月11日に施行される予定であり、現在、雇用主は政府との間で分類問題について法廷で争っています。

  8. "競争力強化への動き": リフトのこの一連の更新は、運転手の待遇改善を通じて、企業の競争力を高める戦略的な一歩です。


「企業の検討点」

  1. "運転手報酬の保証": 企業は、運転手に公平な報酬を保証することで、労働者満足度とブランドの信頼性を高めることができます。

  2. "労働者の自主性の重視": 運転手が自らの労働条件を選択できるようにすることで、仕事の効率性と満足度が向上します。

  3. "環境への配慮": 電気自動車へのインセンティブ導入により、企業は環境保護への取り組みを強化し、社会的責任を果たすことができます。

  4. "運転手体験の改善": 労働者が直面する障壁を減らし、彼らの体験を向上させることで、企業はより優れたサービスを提供することが可能になります。

  5. "グローバルな福利厚生標準の模索": 多国籍企業は、グローバルな福利厚生の標準化を通じて、ブランドの魅力を高めることができます。


「Q&A」

Q1: リフトの運転手は、どのようにして70%の報酬を保証されるのですか?       A1: リフトの運転手は、乗客からの支払い額の70%以上を毎週受け取ることが保証されており、週末に70%未満だった場合は差額が支払われます。


Q2: 運転手がより多くを稼ぐためにスケジュールされた乗車で追加の報酬を得る方法は? A2: リフトは、運転手がスケジュールされた乗車を通じて追加の報酬を獲得できるようにする新しい政策を導入しており、運転手はより多くの自主性を持って乗車を選択できます。


Q3: 電気自動車の使用に対するリフトのインセンティブとは何ですか?         A3: リフトは、電気自動車を使用する運転手に対して、環境保護とコスト削減のためのインセンティブを提供しています。これにより、持続可能な運輸への移行が促進されます。 



Comments


bottom of page