• HR Linqs, Inc.

EPSLとStay at Home

4月1日にFamilies First Coronavirus Response Act (FFCRA)が適用されてからほぼ1か月が経過。

FFCRAの一環、Emergency Paid Sick Leave(EPSL)への適用基準が少しずつ明確になってきた。


従業員のEPSLの適用資格としては:

① COVID-19に関連する連邦、州、または地方の検疫または隔離命令の対象


② COVID-19に関連する自己検疫を医療提供者から推奨


③ COVID-19の症状が出ており、診断が必要


④ ①に記載の秩序の対象となる個人の介護、または②に記載の自己検疫の対象となる個人の介護が必要


⑤ COVID-19に関連する理由で学校や保育所が閉鎖されている(または保育者がいない)子どもの世話が必要


⑥ 指定されたその他類似した状態を経験している場合


Stay at Home、Safer at Home、Shelter in Place等々の呼称は異なるが、多くの場所で未だに自宅にいる事が推奨されている。


この様な連邦や州、地方の推奨はEPSLの対象となるのか。


以下、Department of Laborのウェブサイトからの抜粋となる。


How do I know if I can receive paid sick leave for a Federal, State, or local quarantine or isolation order related to COVID-19?

For purposes of the FFCRA, a Federal, State, or local quarantine or isolation order includes quarantine or isolation orders, as well as shelter-in-place or stay-at-home orders, issued by any Federal, State, or local government authority that cause you to be unable to work (or to telework) even though your employer has work that you could perform but for the order. You may not take paid sick leave for this qualifying reason if your employer does not have work for you as a result of a shelter-in-place or a stay-at-home order.


つまり政府機関が発令したStay at HomeやShelter in PlaceはEPSLの受給資格となる。


但し企業が運営をしており、その従業員にも仕事があるという前提である。企業が閉鎖中であったり、従業員の仕事が無いという事でEPSLの受給資格はない


以下、Department of Laborのサイトに詳細があるのでご参考に。


https://www.dol.gov/agencies/whd/pandemic/ffcra-questions#23

© 2020 by HR Linqs, Inc.