• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

離職のコスト

At-Will雇用が一般的な米国では、従業員は退職をする際に雇用主に事前通知をしない場合も多い。

従業員の離職の平均コストは一人当たり1万5,000ドルと言われており、特に核となる従業員、長期間在職していた従業員が離職をする際のインパクトは計り知れない。


また少人数の企業では後任者が見つかるまでの間、残った従業員への負担が大きい。


従業員が退職をする時は突然のことのように思われるが、以下のような従業員の離職兆候を見いだし対応を取ることで急な退職を防ぐことが可能になると考えられている。


o 仕事への関心が薄れることによるパフォーマンスの低下

o 噂話をしたり、態度を変えたりするなどのネガティブな行動の増加

o 欠勤(オフィスを離れる時間や頻繁に病欠したりする日数)の増加

o 遅刻の増加


仕事に起因した退職理由は以下の5種類に分類をすることが可能である。


o 仕事のストレス

o 仕事へのエンゲージメント

o 仕事の満足度

o 組織への忠誠心

o 人間関係


退職理由の全てが仕事と結びついているとは限らないが、仕事に起因する退職は企業側の努力で防ぐことも可能である。離職率を抑えることは企業の生産性向上やモラル維持の観点から重要な役割を担う。

最新記事

すべて表示