top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

2024年米国における様々な平均給与の実態① / The Reality of Various Average Salaries in the U.S.:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

本日から数日間にわたって、様々な米国の平均給与額(Average Salaries)のデータをご紹介していきます。


2024年のアメリカ国民平均給与が$59,384に達し、経済の変動に伴う給与の増減が注目されています。


特に、年齢、職業、教育レベル、性別、人種といった様々な要因が給与に与える影響は大きく、35歳から44歳の層では国民平均を上回る収入を得ている一方で、性別や人種による賃金格差も依然として明確です。


「主要な点」

  1. 国民平均所得:2023年第4四半期の米国の平均給与額は$59,384でした。

  2. 年齢別平均給与:最も平均収入が高かったのは35歳から44歳で、平均給与よりも13.8%多い収入を得ていました。

  3. 州別平均所得:平均して、ミシシッピ州が最も収入が低い州で平均所得は$48,048、マサチューセッツ州が最も収入が高い州で平均所得は$86,840でした。

  4. 職業別平均給与:2022年のアメリカで最も収入が高かったのは心臓病専門医($421,330)、最も収入が低かったのはシャンプアー($27,870)でした。

  5. 平均家族収入:2022年の平均家族世帯収入は$74,755でした。

  6. 性別別平均所得:性別賃金格差は昨年0.7%減少しましたが、2021年から2022年にかけては1.3%増加しました。

  7. 教育別平均給与:高校卒業資格がない25歳以上のフルタイム労働者は、年間平均$47,580を稼ぎました。

  8. 賃金成長vsインフレ:平均給与は5.4%増加しましたが、都市消費者価格指数は3.2%の上昇でした。


「Q&A」

  1. Q: アメリカで最も給与が高い職業は何ですか?A: 2022年のデータによると、アメリカで最も給与が高い職業は心臓病専門医で、年収は$421,330でした。

  2. Q: 性別による給与格差はありますか?A: はい、性別による給与格差が存在します。2022年から2023年にかけて、性別賃金格差は0.7%縮小しましたが、男性は平均で$63,960、女性は$53,404を稼いでいます。

  3. Q: 年齢による給与の違いはどのようになっていますか?A: 年齢別では、35歳から44歳の層が最も高い平均給与を得ており、国民平均給与よりも13.8%多く稼いでいます。

  4. Q: 教育レベルが給与に与える影響はどの程度ですか?A: 高校卒業資格がない25歳以上のフルタイム労働者は、年間平均$47,580を稼ぎます。これは、教育レベルが収入に大きな影響を与えることを示しています。




Comments


bottom of page