• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

Al Fresco(屋外飲食スペース)

COVID-19の影響により屋内飲食に関する規制が強化されたことで、多くの州や都市で公共の屋外スペースでの飲食を許可する法案が可決された。

駐車場はもちろん、都市によっては道路を1レーン減らして屋外飲食スペースとして使用が許可されている場所も多く、今や屋外飲食はレストランにとって欠かせないほどの売上に達している。


寒い時期になると、屋外飲食スペースでの売り上げは必然的に減少し、場所によっては使用が出来ない時期となる。


しかしながらカリフォルニア州では屋外飲食スペースは冬季も需要がある場所が多い。


今回サンディエゴ市において、Spaces as Placesというプログラムのもと、一定の料金を支払うことで、今後も屋外飲食スペースを恒常的に使用することが認められることとなった。


料金設定としては1平方フィートで10ドルから30ドルの年間料金を2年間契約を前提で支払う必要がある。


安全の面からも屋外飲食スペースが承認されるのは、基本的には制限速度が30マイル以下の道路に限定されるものの、この点については今後も議論が継続される予定である。


レストランにとっては朗報なのではないだろうか。

最新記事

すべて表示