• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

2021 COVID-19 Supplemental Paid Sick Leave

カリフォルニア州では昨日3月29日から2021 Covid-19 Supplemental Paid Sick leaveの提供義務が開始された。


Department of Industrial Relations(CA州労使関係部門)のポスターの内容を以下に説明する。


◦ 公共・民間企業で従業員数が26名以上の雇用主が対象

◦ 2021年1月1日から2021年9月30日までの期間

◦ COVID-19関連の病欠を最大80時間まで提供義務


3月29日以降に以下の理由で病欠を取得する(出社・テレワークが出来ない)場合には、Supplemental Paid Sick Leaveが適用される。

  1. 従業員本人のケア: CA州公衆衛生局、CDC、またはローカルの保険局のガイドラインによってCOVID-19関連での自己隔離の対象、または検疫の助言をされている場合

  2. 家族のケア:COVID-19関連での自己隔離期間中の家族のケア、または学校や保育所がCOVID-19の影響で閉鎖をされたことによっての子供のケアをしている場合

  3. ワクチン関連:ワクチン接種をする際、またはワクチンの影響で業務を行うことが出来ない場合

傷病休暇の時間数

  • フルタイム従業員:最大80時間まで

  • スケジュールが決まっているパートタイム従業員:通常予定されている2週間の就労時間数

  • スケジュールが決まっていないパートタイム従業員:過去6ヵ月間における1日平均就労時間の14日分

傷病休暇の給与額

ノンエグゼンプト(時給)従業員は以下のいずれかの最も高い時給が支払われる

  • 休暇を取得した週の通常の賃金

  • 州の最低賃金、または就労をしている場所の最低賃金

  • (残業代を含まない)直近90日間の平均時給

支払われる給与額は1日511ドル以下、合計5,110ドル以下となる。


最新記事

すべて表示