• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

ワクチン接種率の増加とCOVID-19感染者数の相対性

米国では成人のワクチン接種率が70%に達することを目標にしている州が多い。

ペンシルバニア州ピッツバーグを拠点とするEpistemix社がシミュレーションを行い、ワクチン接種率とCOVID-19の感染者数の相対性、そしてワクチン接種により最も恩恵を受ける州がランキング形式で発表されている。


ワクチン接種完了率70%と50%を比較して、8週間にわたるCOVID-19の感染者数を調査したものである。


この調査によると、ニューヨーク州が97.6%の減少となり、最も恩恵を受ける事になるようだ。


トップ10は以下:


①ニューヨーク州:97.6%

②フロリダ州:97.5%

③ノースキャロライナ州:97.4%

④ユタ州:94.7%

⑤バーモント州:92.8%

⑥ハワイ州:92.6%

⑦バージニア州:91.7%

⑧アラスカ州:91.2%

⑨オレゴン州:89.5%

⑩メイン州:88.9%

-------------------------------------

⑫ワシントン州:87.7%

⑮コロラド州:83.6%

㉓カリフォルニア州:78.2%

㉔オハイオ州:76.5%

㉖イリノイ州:76.3%

㉗ジョージア州:73.1%

㉚テキサス州:71.9%

㉜ミシガン州:70.7%

㊻マサチューセッツ州:63.7%

㊼アリゾナ州:63.3%

㊽ニュージャージー州:62.3%

㊾ノースダコタ州:61.5%

㊿サウスダコタ州:54.4%

最新記事

すべて表示