• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

ストレスレベルが高い都市

大都市はビジネスや芸術、エンターテインメントが多くあるという魅力的な面がある一方で、渋滞や空気の質、犯罪等でのマイナスな面もある。

WalletHub社から収入レベルと失業率等のファクターを基にストレスレベルが高い都市が発表されているので一部を紹介したい。


1. OH州クリーブランド

ストレスレベル:66.9

所得1万ドル未満の世帯:29,995(約17.6%)、182都市中10位

推定失業率(2015年から2019年):13.2%、182都市中2位


2. MI州デトロイト

ストレスレベル:65.0

所得1万ドル未満の世帯:50,139 (約19%)、182都市中6位

推定失業率(2015年から2019年):15.7%、182都市中1位


3. AL州バーミンガム

ストレスレベル:62.4

所得1万ドル未満の世帯:12,400 (約13.6%)、182都市中48位

推定失業率(2015年から2019年):9%、182都市中14位


4. MS州ゴルフポート

ストレスレベル:62.4

所得1万ドル未満の世帯:3,390 (約12.1%)、182都市中134位

推定失業率(2015年から2019年):11.6%、182都市中4位


5. NJ州ニューアーク

ストレスレベル:62.4

所得1万ドル未満の世帯:15,596 (約15.6%)、182都市中39位

推定失業率(2015年から2019年):11.3%、182都市中5位


25. IL州シカゴ

ストレスレベル:55.9

所得1万ドル未満の世帯:98,154 (約9.2%)、182都市中2位

推定失業率(2015年から2019年):8.1%、182都市中26位


26. NY州ニューヨーク

ストレスレベル:55.7

所得1万ドル未満の世帯:270,622 (約17.6%)、182都市中1位

推定失業率(2015年から2019年):6.3%、182都市中56位


29. CA州サンバルナーディーノ

ストレスレベル:55.1

所得1万ドル未満の世帯:4,293 (約7.2%)、182都市中122位

推定失業率(2015年から2019年):9.2%、182都市中9位


36. TX州ダラス

ストレスレベル:54.2

所得1万ドル未満の世帯:38,710 (約7.5%)、182都市中8位

推定失業率(2015年から2019年):4.7%、182都市中129位


37. AZ州フェニックス

ストレスレベル:53.6

所得1万ドル未満の世帯:36,101 (約6.4%)、182都市中9位

推定失業率(2015年から2019年):5.4%、182都市中97位


50. TX州サンアントニオ

ストレスレベル:52.0

所得1万ドル未満の世帯:39,657 (約7.9%)、182都市中7位

推定失業率(2015年から2019年):5.5%、182都市中93位

最新記事

すべて表示