• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

NY州のワクチン接種完了アプリ

本日からカリフォルニア州の経済フルリオープンであるが、経済再開のガイドライン(マスク着用義務)の発表は明後日に行われる定例会を待ってからとなりそうである。

基本的にはワクチン接種が完了している場合は、マスクを着用せずに活動が可能であるが、実際にワクチン接種を完了していることを証明できるのは、ワクチン接種をした際に受け取ったCovid-19 Vaccination Record Cardのみである。


そのため、デジタル管理が可能なアプリを希望している人も多いが、全米単位でのいわゆるワクチン・パスポートの発行は望めなさそうである。


ワクチン接種自体は医療記録なので、アプリ等で番号を付与し管理すること自体がプライバシーに抵触する可能性が一つ、そして国家単位で管理可能なワクチンの接種記録データベースが無いというのがもう一つの理由である。


ただしニューヨーク州では、「エクセルシオ・パス (Excelsior Pass)」と呼ばれる全米で唯一政府が発行したワクチンの接種完了アプリがある。


州単位であればニューヨーク州のような形で実現が可能かもしれない。カリフォルニア州の場合、MLB、LAドジャースの本拠地ドジャースタジアムや、NBAのステープルス・センターではワクチン接種完了をした人のみが予約可能なセクションを設けている。


特にステープルス・センターはワクチン接種完了の証明が無いとスタジアム内に入れない。


ワクチンの接種完了アプリやパスがあると、便利になることが見込まれる。既に民間企業で提供している所もあるのでご自身で確認をしても良いかもしれない。


ニューヨーク州、「エクセルシオ・パス(Excelsior Pass)


最新記事

すべて表示