• HR Linqs, Inc.

休暇の寄付

COVID-19の影響が続く中で、従業員が自身の休暇(Paid Time OffやVacation)を寄付する意向がある際に出来ること。

従業員がCOVID-19の影響を受けた同僚や地域社会の支援を希望する場合、従業員個人の休暇を寄付する方法がある。

IRSではパンデミックに特化した「COVID-19 Pandemic Leave-Based Donation Program (Covid-19パンデミック休暇に基づく寄付プログラム)」を発表している。このプログラムでは雇用主は従業員が寄付した休暇の現金相当額を、パンデミックで影響をうけた人の救済活動を行う慈善団体へ寄付することが可能となる。

上記のプログラムとは別に「Medical Emergency Leave-Sharing Plan(緊急医療休暇共有プラン)」と「Major Disaster Leave-Sharing Plan(大規模災害時休暇共有プラン)」も使用が可能である。

休暇寄付プログラムは複雑かつ、税務上の影響があるため、制度の内容、仕組みを十分に把握した上で設定をすることが重要である。

© 2020 by HR Linqs, Inc.