• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

COVID-19のテストは自費で

バイデン政権からの正式な発表はまだ来週以降となりそうだが、100名以上の企業でのワクチン接種義務化(または週1回のテスト)が導入された際の費用に関する最新の情報が発表された。

正式な発表ではないものの、今回のニュースによるとCOVID-19のワクチン接種を拒否した従業員に対して、企業は検査やマスク費用を本人負担とすることを可能となるようである。


なお、企業がこれらの費用を負担をするという選択をすることも出来る。


しかしながら、健康状態や宗教的な観点から、ワクチン接種を免除された従業員に対しては、企業が検査やマスクの費用を負担することが求められる可能性が高い。


最終的なガイドラインはOccupational Safety and Health Administration(OSHA:労働安全衛生局)が作成している最中であり、早ければ来週にも発表がされる見込みである。


ワクチン接種の義務化は賛否両論があり、既に開始されている連邦政府職員に対しての義務化もバイデン政権が希望をしているような形にはなっていないようである(未接種が多い)。


レストランや小売業者等、従業員を特に多く抱えている企業からの反発も大きく、最終的にどのような結果になるかは未だ不明瞭な点も多い。

レストランや小売業者等、従業員を特に多く抱えている企業での反発も大きく、最終的にどの様になるのかということは未だ分からない点も多い。

最新記事

すべて表示