• HR Linqs, Inc.

集団訴訟

2019年の企業への雇用法に対しての集団訴訟が記録的な件数であった。

特にWage and Hour Law(賃金・労働時間法)への訴訟が多く、全体の訴訟件数の81%に絡んでいる。


その他ERISA(Employee Retirement Income Security Act: 従業員退職所得保障法)関連が65%、差別関連が64%となっている。


全てを足すと100%以上になるのは、訴訟自体が多数の法律に絡んでいる為である。


Wage and Hour Law訴訟での企業側が支払いをした和解金は、2018年の253万ドルから77.5%上昇して449万ドルであった。

© 2020 by HR Linqs, Inc.