• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

CA州のランチ休憩に関しての裁判

カリフォルニア州ではランチ休憩を提供するにも厳しい法律が存在する。

今回カリフォルニア州最高裁判所は、Donohue v. AMN Services, LLCの裁判によってランチ休憩の時間の管理方法をより厳格にする判決をくだした。

  1. 30分間のランチ休憩の取得の徹底

  2. 実時間でのランチ休憩の記録

まず今回の裁判の焦点となったポイントとして、AMN Service社が10分間の四捨五入を行うRoundingシステムを採用しており、ランチ休憩の時間管理にも適用されていたことがあげられる(例:12時3分を12時、12時28分を12時半にして記録)。


Rounding方式はカリフォルニア州で許可がされている記録の管理方法である。しかしながら、この管理方法によってカリフォルニア州で義務付けられている30分間より短いランチ休憩となる場合のPremium Payの支払い有無が争点となっていた。30分間のランチ休憩を提供をしていない場合は、企業は従業員に対して1時間のペナルティ(Premium Pay)を支払わう義務がある

ためである。


そのため、ランチ休憩をRoundingで記録している企業は直ちに実時間での記録をするように変更することを推奨する。


60分間のランチ休憩を提供している多くの企業でも、必ず従業員が30分以上のランチ休憩を取得するよう徹底することが望ましい。

最新記事

すべて表示