• HR Linqs, Inc.

CA州での中小企業への支援策

9月9日にカリフォルニアのニューサム州知事が、新たな中小企業への支援策を法案化した。

新たな支援策はローンや支援金という形ではなく、失業者が多いCA州の雇用を促すための税制優遇措置となる。


一つ目の法案は、Paycheck Protection Program (PPP)で融資を受け、返金が免除された金額を課税所得から除外することを可能とするものである。


二つ目の法案は、従業員数が100名以下(2019年末の時点)の企業に適用され、昨年4月から6月までの売り上げ比が50%以下となる企業が今年の7月から11月までに雇用をした場合、従業員1名につき1,000ドルの税金控除を認めるという法案である。1企業につき上限10万ドルまで、CA州全土では1億ドルが同プログラムの予算とされている。

実際の法案には3つのプログラムがあるが、企業にとっての直接的な優遇措置となるものは先に述べた2つのプログラムとなる。


これらは2021年1月から施行開始となり、今秋に新たなガイドラインや申請基準、承認プロセスの発表がされる予定となっている。

© 2020 by HR Linqs, Inc.