• HR Linqs, Inc.

CA州のLWAは5週間 

9月7日(月)から給付が開始されたCA州のLost Wage Assistance (LWA)。

当初の予定では3週間―4週間で資金が枯渇しするという予想であったが、CA州では5週間の給付継続が発表された。


LWAでの追加給付金は300ドルであるため、現在給付されている失業保険の追加として5週間分を合わせると1,500ドルの追加給付がされることとなる。


LWAの受給条件は、各州で100ドル以上の給付金が既に提供されている者のみ。


この条件により20万人のCA州の失業者はLWA対象外となり、その多くはパートタイム従業員や低所得者である。


年齢別だと、特に若年層に大きなインパクトがある条件であるようだ。


◦ 16歳から19歳:23%が適用外

◦ 20歳から24歳:10%が適用外


新たな失業保険の給付や1,200ドルのStimulus Checkを含む新たなCOVID-19の景気支援策の先行きが見えない中、このLWAが現状で確約されている個人向け支援といえる。

© 2020 by HR Linqs, Inc.