• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

出張の再開と関心事

米国外への出張(特に日本への出張)は現在も難しいが、米国内の出張の再開、または再開を前向きに検討をしている企業が増加してきている。

国内線はCOVID-19以前よりも便数が減少したままであるルートも多いため、満席になる場合も少なくない。また空港によっては、COVID-19以前と同様に人が混雑している場合も多いようである。


COVID-19以前の出張では、航空券やホテル・レンタカーの予約等が最大の関心事であったが、今後はこの関心事が変化していきそうである。


当面は、出張者が最も懸念する点は安全面と共に、現地でのルールやリスク情報と思われる。日々、規制が緩和されている状況であり、以前ほどの規制はないものの出張先で規制が存在する場合があり、特に海外への出張となると入国にも影響が出る。


今後の出張のキーワードとして挙げられているが、Flexibility(柔軟性)とConsistency(一貫性)とされている。


コスト削減の観点から、変更不可なチケットや返金不可の宿泊プランを予約していた企業は、予約を変更出来るようポリシーへと見直しを行っている場合も多い。


またZoomのようなデジタルツールが広く普及したことで、出張の意義も見直しされつつある。出張の意図や、結果に対する満足度を高めることが重要になることが見込まれる。

最新記事

すべて表示