• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

1億8,579万人

カリフォルニア州では2021年4月15日から16歳以上の成人は、ワクチン接種が可能となった。


10月5日時点では、人口の約56%、約1億8,579万人がワクチン接種を完了している。Partially Vaccinatedと言われているワクチンを1回接種している人口は約2億590万人である。


以下、年齢別の接種率である。

接種率上位10州は以下となっている。


1. バーモント州:約69.71%

2. コネチカット州:約69.09%

3. ロードアイランド州:約68.75%

4. メイン州:68.71%

5. マサチューセッツ州:約68.19%

6. ニュージャージー州:約64.65%

7. メリーランド州:約64.43%

8. ニューヨーク州:約64.24%

9. ニューメキシコ州:約63.52%

10. ニューハンプシャー州:約61.76%

---------------------------------------------

15. コロラド州:約59.74%

16. カリフォルニア州:約59.37%

18. ハワイ州:約58.21%

21. フロリダ州:約57.75%

25. イリノイ州:約53.82%

27. ミシガン州:約52.63%

29. テキサス州:約51.51%

31. アリゾナ州:約51.42%

32. ネバダ州:約51.09%

44.ジョージア州:約45.72%

最新記事

すべて表示