top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

10年後の労働市場:高齢者の力を最大限に引き出す:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. G7諸国(米国、カナダ、英国、ドイツ、日本、フランス、イタリア)では、2031年までに55歳以上の労働者が労働人口の25%以上を占める予定である。

  2. 高齢者に移行する仕事は1億5千万に上り、これは現在の米国労働人口とほぼ同等である。

  3. 高齢者の労働者を成功させるためには、働きがいのある仕事、自由、柔軟性、良好な報酬などを理解することが必要。

  4. 技術スキルを更に身につける必要があると感じている55~64歳の労働者は22%に上る。

  5. 高齢労働者をフルに組み込む企業プログラムを設けている企業はまだ少ない。

  6. 米国の退職年齢に達した労働者の6割は、健康と能力を維持しているために働き続けている。

  7. 労働者の半数以上(56%)は、働き続けることで生きがいを感じている。

  8. 40歳以上の労働者は、面接過程や最終採用決定でより頻繁に年齢差別に直面していると感じている。

  9. 年齢の多様性を持つ企業は、従業員の離職率が低く、生産性が高いという。

「企業の検討点」

  1. 企業は高齢労働者の動機付けを理解し、そのニーズに対応するプログラムを開発する必要がある。

  2. テクノロジースキルの強化に向けた教育プログラムを設けること。

  3. 企業は、高齢者をタレントプールに組み込むためのプログラムを設けるべき。

  4. 年齢差別を克服し、全ての年齢層の労働者を尊重する。

  5. 企業は、労働者が退職年齢に達した後も働き続ける理由を理解し、そのニーズに対応すること。


コメント


bottom of page