top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

給与の透明性と公平性/Transparency and Equity in Pay:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 54%の交渉未実施: Glassdoorによると、プロフェッショナルの半数以上が最新の給与交渉を行っていない。

  2. 業界別交渉: 広告業界で67%、マーケティング業界で62%、テック業界で56%と、これらの業界では給与交渉が一般的。

  3. 最も交渉率が低い: 大学院生が22%、会計および法律の専門家が37%と、これらの分野で最も交渉率が低い。

  4. 男女間の差異: 男性と女性の間で給与交渉の頻度に差異は確認されず、両方のグループで約46%が最新の給与を交渉している。

  5. 透明性と交渉: 7人中約7人が給与の上限での支払いを要求する可能性があり、6人中6人が同僚が同じ仕事でより多くの給与を受け取っていることを知った場合、同等の給与を要求するでしょう。

  6. 交渉の障壁: 女性は男性よりも高い給与を交渉する際に拒絶される可能性が高い。

  7. 給与の透明性: 給与の透明性は、一部のケースで給与交渉中の性別による給与格差を狭める助けとなる。

  8. 交渉の影響を受ける要因: 仕事や給与に関する情報の求め方、攻撃性や競争心などの特性が、交渉のアプローチに影響を与える。

  9. 透明性の課題: 給与の透明性は問題の一部しか解決しない。求職者は仕事や給与に関する情報の取得方法や、交渉戦術に影響を与える特性が異なる。

「企業の検討点」

  1. 給与の透明性の導入は、公平性を実現するための重要なステップである。

  2. 従業員の交渉を奨励し、公平な給与制度を確立することで、従業員満足度を向上させることができる。

  3. 給与交渉の機会を提供することで、求職者との関係を強化する。

  4. 交渉の習慣や文化の違いを理解し、それに応じて給与戦略を調整する。

  5. 男女間の給与格差を解消するための継続的な取り組みが必要。



Comments


bottom of page