top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

CA州の$20最低賃金法特定のレストランへの適用除外を検討 / Consideration of Specific Restaurant Exemptions to CA's $20 Minimum Wage Law :「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

カリフォルニア州の新しい最低賃金法案AB 610が提案され、ファストフードレストラン(Restaurant Exemptions)の定義から特定の場所にあるレストランを除外することで業界に新たな動きが見られます。


この法案は、空港やホテル、イベントセンターなどに位置するレストランに適用される可能性があり、これまでのPaneraのように自家製パンを焼くレストランや一部の食料品店内レストランから、より広範なレストランへと適用除外の範囲を拡大します。


「主要な点」

  1. カリフォルニアの$20最低賃金法案への新提案: AB 610法案により、空港、ホテル、イベントセンター、テーマパーク、博物館など、特定の場所にあるレストランが「ファストフードレストラン」の定義から除外されることになります。この提案は、業界における運営の柔軟性を高め、特定の環境下での最低賃金の適用を避けるためのものです。

  2. FAST法の撤回: 2023年9月にFAST法が撤回されたことで、レストラン業界は一時的な安堵を感じました。この法案は、最低賃金の増加のみならず、ファストフード業界における賃金と雇用基準を設定するための委員会の設立を予定していました。

  3. Gov. Gavin NewsomによるAB 1228法案の提案: この法案は2024年4月1日からファストフード労働者に対して$20の州全体最低賃金を設定することを提案しています。この動きは、業界における労働条件の改善を目指すものです。

  4. AB 610法案の即時実施可能性: 提案されたAB 610法案が通過すれば、新たな除外は直ちに適用されます。これにより、対象となるレストランは、最低賃金の増加から保護されることになります。

  5. 除外されるレストランの範囲: 新法案による除外の拡大は、オフィスビル、キャンパス、またはその他の企業が主に従業員向けに運営するレストランを含むようになります。これにより、公共の場ではなく特定の集団にサービスを提供するレストランにも柔軟性が生まれます。

  6. レストラン業界への影響: FAST法の撤回と新たな最低賃金法案の提案は、レストラン業界における雇用基準と賃金に大きな影響を与えます。業界は、これらの変化に適応するための戦略を練る必要があります。

  7. 公共の土地にあるレストランの扱い: 新法案は、州、市、または郡が所有する土地上のレストラン、例えば公共のビーチや桟橋、州立公園、歴史地区にあるレストランも除外の対象としています。


「企業の検討点」

  1. 新しい最低賃金法の適用範囲: 特定のレストランに適用される最低賃金法の除外は、業界における運営戦略に重要な影響を及ぼす可能性があります。

  2. 法律の変更への適応: レストラン業界は、新しい法律や提案されている変更に適応するための戦略を練る必要があります。

  3. 雇用基準と賃金設定: FAST法の撤回と新しい最低賃金法案は、ファストフード業界における雇用基準と賃金設定に関する再考を促します。

  4. 政治的な動きと業界の反応: カリフォルニア州政府とレストラン業界の間の政治的な駆け引きは、業界の将来に大きな影響を与える可能性があります。

  5. 長期的な業界の展望: これらの法案がレストラン業界に与える影響は長期的なものであり、業界は新しい規制環境に適応するための戦略を練る必要があります。


「Q&A」

Q1: AB 610法案はどのようなレストランに適用されますか?               A1: AB 610法案は、空港、ホテル、イベントセンター、テーマパーク、博物館など特定の場所にあるレストランに適用される除外を提案しています。


Q2: FAST法の撤回はレストラン業界にどのような影響を与えましたか?          A2: FAST法の撤回は、最低賃金の増加とファストフードカウンシルの設立予定がなくなり、レストラン業界にとって一時的な安堵をもたらしました。


Q3: Gov. Gavin NewsomによるAB 1228法案は何を目的としていますか?        A3: AB 1228法案は、ファストフード労働者に対して2024年4月1日から$20の州全体最低賃金を設定することを目的としています。



Comments


bottom of page