• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

新規雇用か、既存の従業員のスキルアップか 

人手不足のために、平常時よりも高額な給与で雇用をしたり、雇用ボーナスを提供したり、Background Checkで多少の問題があっても採用を決定したりという企業も多くある。

少し前に掲載をした「大企業のオフィス再開発表から考える、中小企業に出来ること」で言及したGreat Resignation(大辞職)という呼ばれている現状では、雇用のみならず従業員のリテンションも難しい状況である。


The Harris Poll for Express Employment Professionalの調査によると、多くの企業は新規雇用をするよりも、従業員のスキルアップを図る意向があると回答をしている。


社風や業務内容を理解している従業員の育成を優先する姿勢を反映した調査結果である。


新規雇用はどれだけ慎重に採用をしても、実際に働かないと適正を判断することが難しい。


Reskilling Program(リスキリング・プログラム)と呼ばれるプログラムを構築し、業務能力の再開発・再教育を検討している企業も増加している。


同様のプログラムを充実させることが、将来的に雇用をする際の強みになることを企業は期待しているようだ。

最新記事

すべて表示