top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

マイクロマネジメントの落とし穴/The Real Reasons Workers Quit:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. マイクロマネジメントの問題:76%の労働者は、マイクロマネジメントが職場における大きな問題であると感じており、そのために仕事を辞める可能性がある。

  2. 不要な会議:電子メールで処理できる会議や週次の進捗会議に、多くの労働者が不満を感じている。

  3. 柔軟性の重要性:51%の回答者は、リモートワークに対する柔軟性が重要であり、9時~5時の固定勤務は不利と感じている。

  4. 求人情報の透明性:4人中1人の労働者は、給与の範囲が明記されていない求人には応募しない。

  5. 雇用の嘘:求人情報やインタビュー中に誤った情報を提供するリクルーターが多く、これにより新入社員の早期退職が増加。

  6. マネージャーの役割:マネージャーは従業員のメンタルヘルスに影響を与える可能性があり、彼らの指導方法が重要。

  7. マネージャーの研修:研修を受けたマネージャーは、直属の部下の感情を理解し、目標を追跡し、建設的なフィードバックを提供することができる。

  8. 雇用のスピード:求人を埋めるまでの期間が長いと、優れたタレントを失うリスクが高まる。

  9. 雇用手続きの誤り:選考過程の中での誤りや誤解は、良いタレントを追い払う可能性がある。

  10. 再入力の不満:面接中の必須課題や履歴書の情報の手動再入力は、労働者にとっての「赤信号」である。

「企業の検討点」

  1. 労働者の意見や感じている不満を定期的にヒアリングする。

  2. マイクロマネジメントを避け、労働者に自由と責任を与える。

  3. 柔軟な勤務体系やリモートワークを取り入れる。

  4. 求人情報の透明性を確保し、誤った情報を提供しない。

  5. マネージャーには適切な研修を提供し、労働者のサポートを強化する。


bottom of page