top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

LinkedInプロフィールの最適化 / Optimizing Your LinkedIn Profile:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

LinkedInでリクルーターに見つけてもらうことは、仕事探しにおいて非常に重要です。


LinkedInのメンバー数が10億人を超える中で、プロフィールの発見性を最大化する方法を知ることが求められます(Optimizing Your LinkedIn Profile)。


「主要な点」

  1. スキル機能の活用:LinkedInでスキルの数を50から100に増やすことが可能になりました。これにより、プロフィールの各役職やボランティア活動、教育に対してスキルを追加できます。リクルーターの検索の40%はスキルから始まるため、具体的なスキルを追加することが重要です。

  2. 関心のある企業とのインタラクション:リクルーター検索が始まる際、候補者が「タレントブランドに関与している」ことが重視されます。目指す企業のページをフォローし、投稿にエンゲージすることで、リクルーターに見つけてもらいやすくなります。

  3. 「Open To Work」機能の利用:LinkedInの「Open To Work」機能を利用すると、リクルーターからのアプローチが40%増加します。

  4. 履歴書のアップロード:履歴書をLinkedInにアップロードすることで、直接アプリから応募できるだけでなく、リクルーターからの発見性が向上します。履歴書はリクルーターのみが閲覧可能です。

  5. メッセージ受信箱の定期的な確認:LinkedInのメッセージは「フォーカス」と「その他」に分類されるため、両方のフォルダーを定期的に確認しましょう。リクルーターからのメッセージに返信することで、将来の機会につながる関係を築けます。

  6. プロフェッショナルなプロフィール写真:プロフェッショナルなプロフィール写真を使用することで、第一印象を良くし、リクルーターの注目を集めやすくなります。

  7. プロフィールの見出しと概要の最適化:自分の専門性や強みを簡潔に示す見出しと概要を作成し、リクルーターに一目でわかるようにします。

  8. 推薦状とスキルのエンドースメントの追加:同僚や上司からの推薦状やスキルのエンドースメントを追加することで、信頼性と専門性をアピールできます。

  9. 定期的なプロフィールの更新新しいスキルや経験を反映させるために、プロフィールを定期的に更新し、最新の情報を保ちます。


「企業の検討点」

  1. タレントブランドの強化:企業は、リクルーター検索で候補者が関与するタレントブランドを強化し、求職者にとって魅力的な企業イメージを構築します。

  2. リクルートメントツールの活用:LinkedIn Recruiterツールを活用して、特定のスキルや経験を持つ候補者を効果的に検索し、アプローチします。

  3. 従業員のプロフィール最適化サポート:企業は従業員に対して、LinkedInプロフィールの最適化に関するサポートや教育を提供し、ブランドの一貫性を保ちます。

  4. 継続的な関与の促進:求職者が企業のページをフォローし、投稿にエンゲージするよう促すために、魅力的なコンテンツを定期的に発信します。

  5. データ分析による改善:リクルートメント活動の効果をデータ分析し、改善点を特定して、より効率的な採用プロセスを構築します。




Comments


bottom of page