top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

競合避止契約の禁止 / The End of an Era for Noncompete:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

米国連邦取引委員会(FTC)が、競合避止契約(Noncompete)の禁止を決定し、労働者のキャリア選択の自由を大きく前進させました。


新しい規則により、約3000万の労働者がこれまでの競合避止契約から解放され、より良い仕事の機会を自由に選べるようになる見込みです。


この政策変更は、労働市場の活性化と経済全体の競争力向上に寄与することが期待されています。


主要な点

  1. 『FTCの新規則の概要』FTCは競合避止契約を禁止する新規則を承認しました。このルールは、労働者が自由に職を変え、新しいビジネスを始める機会を広げることを目的としています。

  2. 『公共の強い支持』提案されたルールに対して、約26,000件のコメントが寄せられ、その大多数が支持を表明しました。これにより、FTCの方針が広範な公共の支持を受けていることが明らかになりました。

  3. 『非競争条項の現状』現在、約3000万の労働者が非競争条項の制約を受けています。これらは主に、労働者が他の仕事に就くことを妨げるために使用されています。

  4. 『経済への影響』FTCは競合避止契約が労働者の収入を大幅に増加させると予測しており、この変更により年間4000億ドルの収入増が期待されます。

  5. 『高給取り役員への例外規定』新規則では、年収が151,164ドル以上の高給取り役員に限り、競合避止契約が引き続き有効です。これらの役員は企業の重要な政策決定に関与しているためです。

  6. 『代替手段の可能性』FTCは、競合避止契約の代わりに、秘密保持契約などの他の手段が企業には利用可能であることを指摘しています。これにより、企業は機密情報を保護することができます。

  7. 『法的な挑戦の予測』このルールの実施は法的な挑戦を受ける可能性があり、特に企業側からの反対が予想されます。法廷での決定がFTCの権限範囲に関して重要な役割を果たすことになります。

  8. 『政策決定者の定義』FTCによると、政策決定者は企業の重要な方針を決定する最終権限を持つ役員や個人を指します。これには、子会社や関連会社の政策に限定される権限は含まれません。

  9. 『規則発効のタイムライン』最終規則は連邦登録簿に掲載された日から120日後に発効予定であり、最も早い場合は8月末に実施されることが予想されます。


「企業の検討点」

  1. 『競合避止条項の全面禁止の衝撃』

  • FTCの新規則により、ほとんどの競合避止契約が禁止されることで、企業は従業員の留まりやすさを高める新たな戦略を考える必要があります。

  1. 『秘密保持契約の強化』

  • 競合避止条項の代替として、企業は秘密保持契約を強化することで、重要な企業情報の漏洩を防ぐ方法を見直すべきです。

  1. 『法的対応の準備』

  • FTCの規則に対する法的な挑戦が予想されるため、企業は適切な法的対策を準備することが必要です。

  1. 『人材確保と保持の新戦略』

  • 従業員の自由な移動が可能になることから、企業は才能の確保と保持のための新しいアプローチを考えるべきです。

  1. 『政策決定者の重要性の再評価』

  • 高給取り役員に適用される例外規定を考慮し、企業はどの職位が政策決定権を持つかを見直し、その評価を行うべきです。


「Q&A」

Q1: FTCの新規則はどのような労働者に影響を与えますか? A1: この新規則は、高給取り役員を除くほとんどの労働者に影響を与え、彼らが自由に職を選べるようになります。


Q2: 非競争条項の禁止が労働市場に与える利点は何ですか? A2: 労働者が自由に職を変えることができるようになることで、経済全体の競争力が向上し、イノベーションが促進されます。


Q3: 非競争条項の代替策として考えられるものは何ですか? A3: 秘密保持契約やその他の契約を通じて、企業は重要な情報の保護を図ることができます。これにより、非競争条項の必要性が低減されます。



Comentarios


bottom of page