• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

リモートワークを廃止する理由

リモートワークを廃止する理由は多々ある。

様々な企業が恒常的にリモートワークの導入を検討していたのは約1年ほど前であったが、現状フルリモートでの職場環境を提供している企業は減少しており、基本的にはオフィス出社か、ハイブリッドワークが主流となっている。


各従業員が対面で業務を行うことで企業文化を醸成出来たり、業務の効率が向上したり、部署間でのコミュニケーションの増加、管理部門の要請等々、様々な目的でオフィス出社を促す企業がある。


ある企業では「従業員の業務の生産性という観点からは大きな問題は生じない場合が多かったが、従業員の育成という観点から大きく水準を逸脱してしまったため」という理由でオフィス出社が再開された。


何を求めて、どこに重点を置くのかによりリモートワークを廃止する理由も異なってくる。

最新記事

すべて表示