top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ニューヨークとカリフォルニアからのフロリダへの移住トレンド/Migration Trends from New York and California: 「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

1. フロリダの移住トレンド: 2021年と2022年の間に、約739,000人がフロリダに移住し、490,000人が州を離れました。これは世代で最大の移住の一つであり、住宅市場や税制が主な要因とされています。

2. ジョージアが人気: フロリダから移住する多くの住民がジョージアに向かっています。生活費が安く、フロリダからの距離も近いため、中流階級の人々にとって魅力的な選択となっています。

3. 住宅価格の変動: 2022年末のフロリダの平均住宅価格は$384,300でした。対照的に、ジョージアでは$340,000、ノースカロライナでは$345,100となっています。

4. 裕福な移住者の影響: フロリダの一部地域では、裕福な新住民によって生活費が上昇しており、中流階級の人々が州を離れる主な原因となっています。

5. ニューヨークとカリフォルニアからの移住: 2021年と2022年の間に、91,000人のニューヨーカーと50,000人のカリフォルニア人がフロリダに移住しました。

6. テキサスへの移住: テキサスへ移住するフロリダ人は、ダラス、ヒューストン、オースティンの都市部ではなく、これらの都市の外部にある手頃な価格の場所に移住しています。

7. 遠隔ワークの影響: 遠隔ワークの普及により、裕福な人々がフロリダに恒久的に移住する傾向が増加しています。

8. 企業の移転: ニューヨークやカリフォルニアからの移住者の中には、投資や企業をフロリダに移す人々もいます。

9. 税制の魅力: フロリダは税制が有利であり、これが裕福な移住者を引きつける要因の一つとなっています。

10. 生活費の上昇: 一部の地域では、裕福な移住者の増加により、生活費や物価が上昇しています。


「企業の検討点」

  1. 人口の移動トレンドを考慮して事業戦略を検討する (Consider business strategies in light of population migration trends).

  2. 地域ごとの住宅価格や生活費の変動に注意を払う (Pay attention to regional housing prices and cost of living fluctuations).

  3. 税制や遠隔ワークの普及がビジネスに及ぼす影響を評価する (Evaluate the impact of tax benefits and the rise of remote work on business).

  4. 裕福な移住者の動向やニーズを理解し、これに対応する (Understand the trends and needs of wealthy migrants and cater to them).

  5. 地域ごとの社会経済的変動に対する戦略を再評価する (Re-evaluate strategies in response to socio-economic shifts in regions).



bottom of page