top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

マイクロソフトのリストラ戦略: 成長とコストのバランス:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. マイクロソフトは組織の調整の一環として何百人もの従業員を解雇する計画

  2. 最低でも276人の従業員がレイオフされる予定

  3. 2023年の初めに、マイクロソフトはコスト構造を収益と需要と一致させるために労働力の5%をカット

  4. 大手テクノロジー企業におけるリストラのペースは2023年の主要なテーマ

  5. テック企業は6月に1万500人以上、5月には近く1万5,000人を解雇

  6. 今年、テックの仕事は21万6,000以上がカットされた

  7. マイクロソフトの最近の人員削減は、CEOのコスト、収益、需要を適切に一致させる努力に従っている

  8. マイクロソフトは第2四半期に解雇費用、ハードウェアポートフォリオの変更、リースの統合に関連して12億ドルの損失を計上

「企業の検討点」

  1. 企業の健康的な成長のためには、収益と需要とのコスト構造の整合性が重要

  2. 企業の規模が大きくなるほど、人員調整は避けられない一部となる可能性がある

  3. リストラは企業の戦略的な意思決定の一部であり、経営改革の一環として行われるべき

  4. 労働力削減は一時的な経済的困難だけでなく、市場の変化や技術の進歩に対応するための戦略的な手段であることを認識すること

  5. リストラを行う場合でも、その理由と目的を明確に伝え、適切な退職金パッケージを提供することで、企業の評価を保つことが重要


Comentários


bottom of page