top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

新任マネージャーによる職場ストレス:問題解決策は?:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 米国の労働者の40%が、初めてのマネージャーがリーダーシップをとる準備ができていないために、職場に行くことにストレスや不安を感じている。

  2. この結果、労働者の36%が働く意欲を失い、21%が夜間の睡眠に問題を抱えている。

  3. さらに、労働者の3分の1以上が企業を去りたいと感じている。

  4. 労働者が初めてのマネージャーを苦手と感じる理由は、主にマネージャーのリーダーシップスキルとトレーニングの不足にある。

  5. 具体的には、初めてのマネージャーは対人コンフリクトの解消、困難な状況の対処、質の高いフィードバックの提供、生産的なミーティングの運営、意思決定などの点で弱いと評価されている。

  6. 優れたマネージャーと新任マネージャーの間で、対人コンフリクトの解消、生産的なミーティングの運営、意思決定などのスキルに大きな差がある。

  7. また、新任マネージャーの下では、労働者が自身と企業全体への自信を失い、キャリアや職場・家庭での人間関係に負の影響を及ぼすことが多い。

  8. 女性労働者、特に55歳以上の女性は、初めてのマネージャーに対して特に厳しい評価を下している。

  9. 女性の全年齢層において、初めてのマネージャーが大きなネガティブな影響を与えている。全女性の約半数が初めてのマネージャーと仕事をすることでストレスや不安を感じており、男性よりも企業を去りたいと考える可能性が高い。

「企業の検討点」

  1. 初めての管理職への適切なトレーニングとアップスキルは、労働者のストレスや不安を軽減し、離職率を低下させることができる。

  2. マネージャーのスキルとトレーニングの不足は、労働者の自信や仕事への意欲、職場での人間関係や生産性にネガティブな影響を与える。

  3. 女性労働者は特に初めてのマネージャーから大きなストレスを感じるため、女性の管理職やリーダーの育成に注力すべき。

  4. 労働者が昇進の機会を得るための学習やトレーニングにアクセスできるようにすることは重要である。

  5. コーチングや個別指導は新たなマネージャーのトレーニングに有効な方法であり、積極的に導入すべきである。


bottom of page