top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

従業員の福利厚生に法的サービスを/ Incorporating Legal Services into Employee Benefits:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

法的サービスの要求が高まる中、企業は従業員の遺言や遺産計画の必要性に応える準備をしています。


パンデミックにより、多くの人が人生の不確実性を実感し、その結果として法的サービスへの関心が高まりました。


デジタル化の進展により、法的プロセスが簡単になり、遺言作成が推進されています。


企業はこの機会を活用し、従業員に価値を提供し、その結果、サービスへの関心を高めるべきです。


  1. 法的サービスへの関心高まる: パンデミック以降、従業員による法的利益への要求は倍増しました。しかし、提供する企業は3分の1未満です。

  2. 法的状況の実体験: 過去5年間に67%の労働者が法的状況に直面したと報告されています。

  3. 法的サービスへの願望: 2023年に34%の労働者が法的利益を望んでいると声を上げました。

  4. 企業の提供状況: 現在、32%の雇用主が法的利益を提供しています。

  5. 継続的なニーズ: 遺言や遺産計画はパンデミック中により重要性を増しました。

  6. リモートワークの影響: 遠隔地での助言が必要なため、リモートワークを許可された才能は都会の生活から逃れました。

  7. 法的サービスの意義: 多くのアメリカ人が遺産計画を持っていないことから、遺言の必要性が強調されます。

  8. デジタル化の進展: デジタルで完全に遺言を作成するオプションが、人々に大きな利益をもたらしています。

  9. リモートワークと法的アドバイス: リモートワークが進む中で、不動産に関する法的アドバイスのニーズが高まっています。

  10. 法的計画のデジタル完結: 月に20,000から35,000人がデジタルで遺言を完了させています。

「企業の検討点」

  1. 法的サービスの導入: 企業は従業員のニーズに応じて法的サービスを提供することを検討するべきです。

  2. 遺言の促進: 遺言の作成を奨励し、従業員の心理的障壁を取り除くべきです。

  3. リモートワークのサポート: リモートワークを支援し、関連する法的アドバイスを提供するべきです。

  4. 教育と意識向上: 従業員に保険用語やプロセスについて自己教育を促すべきです。

  5. 法的計画のデジタル化: 法的プロセスをデジタル化し、従業員が容易にアクセスできるようにするべきです。



Comments


bottom of page