top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

内部採用の力: 企業成長の鍵/The Power of Internal Hiring:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 内部採用の減少:2020年の40%のピークから、24%へと落ち込んでいる。

  2. コスト節約と離職率の低減:内部採用は企業文化の向上、高い従業員の定着率、採用コストの削減、および採用までの時間を短縮させる。

  3. 採用の難しさ:タレントの不足とスキルギャップにより、全体的な採用数も減少している。

  4. タレントの“独占”の課題:優れた従業員を保持しようとするマネージャーによるタレントの“独占”を解消する必要がある。

  5. インセンティブの検討:組織全体での内部採用と協力を奨励するためのインセンティブを考慮する必要がある。

  6. 採用ツールの活用:LinkedIn Recruiterなど、内部候補者を特定・採用するためのツールが利用可能。

  7. ワークフォースの再配置:新しい役割に備えて従業員のスキルを向上させることや、外部の契約者を取り入れてタレントのパイプラインを構築するなど、内部採用を新しい方法で考える。

  8. 従業員の経験と満足度:リーダーは、内部採用の戦略を考える際に従業員の経験と満足度を考慮する必要がある。

  9. 公平性の向上:内部の機会への意識を高めるテクノロジーの使用や、多くの機会への公開アクセスの提供などにより、公平性を向上させることができる。

「企業の検討点」

  1. 内部採用の重要性を再評価すること。

  2. 内部採用に関する公平性と透明性を確保すること。

  3. タレントの独占やマネージャーの協力を促す仕組みの導入。

  4. 従業員のスキルアップやキャリアパスの提供を検討する。

  5. 採用の戦略とツールを常に更新し、最新のトレンドに対応すること。


Comentários


bottom of page