top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

職場における多様なコミュニケーションスタイル / Diverse Communication Styles in the Workplace:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

「あなたの職場パーソナリティは何ですか? 」


Slackのレポートが明らかにする5つのタイプ」では、異なる職場のタイプとそれらが効果的な職場環境を作る上でどのように役立つかについて探求しています。


  1. 探偵型の特徴:知識を探求し、他人と解決策を共有することを好む。組織化され、意義と安全性を重視し、対面コミュニケーションを好む。

  2. ロードウォリアー型の特徴:異なる場所や時間で働くことを好み、外向的で柔軟性を重視し、仮想的なつながりを作ることを楽しむ。

  3. ネットワーカー型の特徴:優れたコミュニケーターであり、チームとの関係を重視する。共同作業とコミュニケーションに長けている。

  4. 問題解決者の特徴:反復的なタスクを嫌い、オートメーションを楽しみ、同僚とのヒントやコツを共有し、AIツールの可能性を探究する。

  5. 表現主義者の特徴:視覚的で非公式なコミュニケーション(絵文字やミームなど)を好み、職場で楽しく軽快な雰囲気を楽しむ。

  6. 各タイプの職場環境への影響:5つの異なるタイプが職場環境に与える影響とは何か。

  7. 職場における個性の理解と支援:各従業員の個性と強みを理解し、それに合わせたサポートを提供する。

「企業の検討点」

  1. 多様な職場の人格を理解する:各従業員が持つユニークな働き方を理解し、支援する。

  2. 柔軟な働き方の促進:異なる場所や時間で働くことを可能にすることで、生産性を向上させる。

  3. コミュニケーションスタイルの多様性:従業員が好むコミュニケーション手段を尊重し、活用する。

  4. AI技術の導入とトレーニング:AIの導入に伴うトレーニングを提供し、従業員の不安を軽減する。

  5. 透明性と信頼の構築:AIの利用方法に関する透明性を高め、従業員の信頼を築く。

「事例と説明」

1. リモートワークの普及と多様な働き方の出現

  • 事例の概要:COVID-19パンデミックが引き起こしたリモートワークへの大規模な移行。この変化は従業員の働き方に多大な影響を与え、新しい職場人格タイプの出現を促しました。

  • 影響と意義:柔軟な働き方により、従業員のワークライフバランスが改善されましたが、仕事とプライベートの境界線の曖昧化という新たな課題も浮上しました。

2. AI技術の導入とその影響

  • 事例の概要:多くの企業が業務の効率化や自動化を目的にAI技術を導入。これにより、AIツールの可能性を探究する「問題解決者」タイプの従業員が注目されました。

  • 影響と意義:AI技術の導入は生産性を向上させる一方で、スキルの陳腐化や職の自動化に関する懸念も生じさせました。

3. コミュニケーション手段の変化とその影響

  • 事例の概要:デジタル化の進展に伴い、職場でのコミュニケーション手段が多様化。視覚的で非公式なコミュニケーションを好む「表現主義者」タイプが注目されました。

  • 影響と意義:新しいコミュニケーションツールは従業員間の交流を活性化させましたが、異なる世代間でのコミュニケーションのギャップを生じさせる場合もありました。





Commenti


bottom of page